タイアップ楽曲制作のご依頼について

こんにちは!
タイアップ専門シンガーソングライターのうおしーらんです。

こちらの記事では、私の活動の中心である「タイアップ楽曲制作」について詳しく説明しております。私の活動の核となる部分ですので、この記事にたどり着いてくださったこと、とても嬉しく思います。

「タイアップ専門シンガーソングライターって、なに?」「普通のミュージシャンと何が違うの?」と、よく聞かれます。

ありがたいことに、最近「楽曲を作ってくれませんか?」というお話をたくさん頂くようになってきたので、きちんと自分の楽曲制作に対する思いと信念を発信していく必要があるな、と思い、この記事を書きました。

ご依頼頂く前に、必ずこの記事を最後までお読みください。

 

世間一般の「シンガーソングライター」

普通のシンガーソングライターは、自分が心に描く世界観をひたすら詰めて、それを歌やメロディにのせて楽曲を作り、ライブで自分が歌います。

活動のメインは、ライブと音源制作。楽曲は自分の名義で発表・演奏します。

 

私は2017年8月までは、まさにこの活動をしていました。メジャーデビューを目指して6年間活動してきましたが、どうも活動そのものにワクワクできなくなってしまい、辞めてしまいました。

2017年8月に、普通のシンガーソングライターを辞めたあとに、自分は本当はどういうことをしているときにワクワクするんだろうと、ひたすら自分と向き合っていました。

そこで出た答えは、こうでした。

 

うおしーらんがワクワクすることとは

  • 自分が歌うこと
  • 自分が歌う曲を作ること
  • 人と関わり合うこと
  • 人から「ありがとう」と言ってもらうこと

だったのです。

 

どちらかというと、言葉に出来ない世界観を伝えるために音楽をつくっている普通のシンガーソングライターは自分には向いていなくて、むしろ、自分の想いは文章やしゃべり言葉と伝える方が得意ですし、人と関わり合うことも大好きです。

そこで、自分の得意分野を掛け合わせて、始めた活動が「タイアップ専門シンガーソングライター」です。

 

自分が本当にやりたい「タイアップ専門シンガーソングライター」とは

楽曲は、「自分のためにこんな曲を作ってくれませんか」とご依頼を受けて制作します。

完成した楽曲は、私のほうもご依頼主のほうも「自分の作品」として発表し、楽曲を使用するときはお互いのことを宣伝するというルールで、著作権フリーといたします。

 

楽曲を使用したことで生まれた収益は、私が使用・販売したことで生まれた収益は私の取り分、ご依頼主が使用・販売したことで生まれた収益はご依頼主の取り分といたします。

 

私の楽曲を通してお互いがお互いのことを宣伝し合えば、お互いを上に引っ張り挙げることができます。

 

例えば、私が活動を続けていくうちに世間に対して大きな影響力を持つようになれば、「うおしーらんに楽曲を作ってもらいました」ということがご依頼主にとって宣伝材料になるわけです。(もちろん、その逆もしかり)

 

そういうWIN WINの関係の輪を、楽曲制作を通じて作っていきたいのです。

個人が当たり前のように「自分のテーマソング」を持つ時代が来る

おそらく、あとわずか数年後くらいに、みんなが「自分のオリジナルテーマソング」を持つ時代が来るだろうと。

考えてみたら十分ありえます。

 

例えば、ちょっと前までは、ホームページを持ってたりするのって大きな企業くらいで、自分のメディアを持つことってかなりハードルがありましたよね。

けれど、今はブログやSNS、YouTubeなどが普及して、個人が情報発信のメディアを持つことが当たり前です。

 

それと同じように、今はまだ浸透していないけど、個人が自分のテーマソングを当たり前のように持つような時代が、きっとすぐ来ると思うのです。

 

私はこれまでいくつかの楽曲提供のご依頼にお応えしてきました。

楽曲の用途は

  • ダンススタジオの生徒みんなで踊る楽曲が欲しい
  • YouTubeチャンネルのテーマソングが欲しい
  • 個展のBGMが欲しい
  • イラスト作品集と音楽をコラボさせたい
  • カーコーティング剤販売のためにプロモーションソングが欲しい

 

など、実にさまざまですが、どの案件にも共通して言えることは、楽曲がご依頼主の、効果的に「伝わる」自己表現に繋がっているということです。

 

芸能人じゃなくても、ブログやYouTube、そしてTwitterなどで自己表現をしている人はたくさんいます。

今後、全国民総フリーランス芸能人時代がくるだろうなんてこともささやかれています。

YouTubeに動画を載せられるのはもはや常識で、Twitter、Instagram、Facebookにも普通に動画が投稿できる。

その動画のBGMとして、自分のオリジナルソングを当たり前のように使うなんてことが今後常識になっていくかもしれません。(無断でプロのアーティストの楽曲をBGMに使用することはできません)

 

 

音楽が持つ力って、本当にすごいんです。

私自身、これまで辛いことがあった時、ずっと音楽に救われてきました。

 

例えば、誰かにエールを送りたい時。

しゃべり言葉で「頑張れ」って言われるよりも、メロディとオーケストラに乗って「歌」という形でそのメッセージが発せられた時、計り知れないパワーを持って私たちの心に届くのです。

それくらい、音楽の「伝わる力」って本当にすごいんです。

その楽曲のメロディ、使われている楽器、明るい和音か暗い和音か、で、聴いた人の頭の中に鮮明に映像を映し出すことだって可能です。

キングコングの西野さんも、以前ブログで「音楽ってすごい」ということを書いていました。

あらためて歌を聴くと、たしかにたしかに、イントロのたった5秒を聴くだけで、その曲の世界が夏なのか冬なのか、朝なのか夜なのか、恋愛中なのか失恋中なのかが分かります。

つまり、「音楽の情報量ってハンパねぇ!」という話です。

 

他にも、たとえば、恋愛の曲や失恋の曲を聴くと、歌詞の内容に自分をダブらせて、その曲の魅力を更に深めていく作業を僕らは自分達でやっています。

その曲を聴いていた頃の思い出を蘇らせることで、その曲が更に面白くなり、
その曲で歌われていることに自分をダブらせることで、その曲が更に面白くなります。

最後の最後の部分で、音楽を面白くしているのは、音楽を聴き人だという話です。

思い出を蘇らせたり、自分をダブらせたり、そういった『補完作業』ができればできるほど、音楽が面白くなると考えると、たとえば、映画の劇中歌も、事前に知っておいた方が映画が更に面白くなると思うんです。

『アナ雪』なんかがそうですね。
新海誠さんの作品(大好き!)も、知っている曲がよく使われているので、すでに面白い映画が更に面白くなっています。

(引用元:誰が音楽を面白くさせているか?|キングコング西野 公式ブログ)

 

あなたが、自分が取り組んでいる活動や売りたいと思っている商品について、長々と文章を並べて説明するより、テーマソングがあることによって一瞬にしてあなたの伝えたいメッセージや世界観が伝わってしまう可能性も十分あると思います。

 

あなたのテーマソングがめちゃくちゃキャッチーで、みんなが口ずさみたくなるような楽曲だったら、どうでしょう。

みんな、歌ってくれます。振り付けがあるなら、踊ってみたくなります。

歌ったり踊っている動画を、みんながSNSに投稿してくれたらさらに広がります。

(例えば、ボーカロイドが2ちゃんねるで流行った時、ボカロが歌っている原曲を人間がカバーした動画が次々と投稿され、その楽曲が大ヒットになりました。「2次創作」はヒットの大きな鍵を握ります)

口ずさんでいるうちに、あなたのことを勝手に覚えてくれます。

 

こちらの映像は、私がくっすんさんという方のために最近制作した「Knock in Drive」というドライブにぴったりの楽曲を、全く別の方が車で流して歌ってくださった様子です。

 


またこちらは、同じ楽曲を、スポーツのBGMとして使ってくださった様子です。

つまり、みんなの耳に残るオリジナル楽曲を持っていると、あなたが何かビジネスをしていたり、何か活動をしていたりするのなら、それを知ってもらうための大きなきっかけとなりうるのです。

そういうのが浸透した時、私のような「タイアップ専門シンガーソングライター」の需要は高まることになります。

 

まず、うおしーらんってどんな曲ができるの?

 

まず簡単に、私のこれまでの音楽活動についてお話しします。

 

2011年よりバンド活動をはじめ、バンドのほぼ全ての楽曲の作詞・作曲を担当。

2015年には、島村楽器主催 HOTLINEのJAPAN FINAL(最終審査)にて、「楽曲賞」を受賞しました。

 

2017年からは「タイアップ専門シンガーソングライター」として、ご依頼主の理想に沿った楽曲を制作してきました。

 

 

2017年~2018年に制作してきた楽曲のうち7曲を、49秒のメドレーにまとめました。

こちらを聴いていただくと、ざっとお分かりいただけると思います。

 

このメドレーに入っている楽曲のフルバージョンは以下の通りです。

どんな雰囲気でどんなジャンルの楽曲なのかがわかるよう、一言で表しました。

 

ドライブにぴったりの爽やかな曲

急いで揺らいで
オートマティックな心情
行かないで連れてって
ニセモノをまとってたって
直感で振り向いて
ひまわりが話しかけた
昼下がりのガレージ

試して乗り込んで
人生最大のチャレンジ
鈍感で光って
ステンレスみたいな希望を
握って握り返して
踏み込んだアクセルの感触が
もっと欲しいと言う

ボディに映ったあたしの顔は完ぺきに恋に落ちてた
意味不明なきみの独り言を今日は隣で聞いてみたいよ

風がきみを誘った
飛び出すシークレットベース ドライブの合図さ
海が近づくほど
きみの直感的ひらめきが現実になるよ Ah

眠る蛹 引く轍
こっそり盗んだ瞳
焦る私 待つ自販機
ねじ込むいつもの缶コーヒー
画面の光 きみの誓い
ウィンカー光らせて行く先は
きっと規格外

舌に馴染ませたブラックコーヒー
辛口なきみの視線は遠く
きみが愛した古いフィルム
今鮮やかに映し出されるよ

風が髪を揺らした
ずっと見ていたい きみの形全て
海が近づくほど
私これ以上嘘がつけないの

風が髪を揺らした
ずっと見ていたい きみの形全て
海が近づくほど…

風がきみを誘った
飛び出すシークレットベース ドライブの合図さ
海が近づくほど
きみの直感的ひらめきが現実になるよ Ah

ピアノが美しく響くバラード

『きみはどこから来たの?
何を食べているときに嬉しくて
どんなことで楽しくなるの?
ほらまた、今顔色伺ったでしょ 大丈夫
話してごらん 僕はどんな
きみでも好きだから

たとえ世界がきみを反対したって
僕だけはきみを応援してるから』

きみからもらったキャンバスに
今自由に未来を描くよ
わたしはやっと全てを許すことができた
暗闇でうずくまってたわたしをきみが連れ出してくれた
握っていたパレットがカラフルだったことに気づかせてくれた

きみと出会う前のわたしは
自分に価値なんて感じなくて
ただ下を向いて、さまよって
太陽みたいな光で輝いているあの人たち
のことが羨ましくてただうつむいてた

きみと出会ったからわたしの世界は
光と彩りを取り戻したんだよ

きみからもらったキャンバスに
今自由に未来を描くよ
わたしはやっと全てを許すことができた
暗闇でうずくまってたわたしをきみが連れ出してくれた
握っていたパレットがカラフルだったことに気づかせてくれた

きみがくれたカラフルなこの世界で
わたしも誰かの背中を押したくなったんだよ
きみが救ってくれたように

わたしはもらったキャンバスに
今自由に未来を描くよ
あなたの道しるべになれるように
暗闇でうずくまってるあなたをわたしが連れ出してあげる
握っているパレットがカラフルだってことを気づかせてあげるから

きみからもらったキャンバスに
今自由に未来を描くよ
わたしはやっと全てを許すことができた
暗闇でうずくまってたわたしをきみが連れ出してくれた
握っていたパレットがカラフルだったことに気づかせてくれた

踊りたくなるロックチューン

新宿方面上り線ホーム下りエスカレーターで
きみにハイタッチ煽るけどYouTube夢中で無視される
白けた空気つなぐように得意のトークで繋いだら
愛とディスコを叫びながらきゅうりぶん投げられる

まつげと言う名のコンプレックスに視界を阻まれ前途多難さ
「マツエク外せ」と学年主任に仕方なく書くよ反省文

リッチなホテルに宿泊して 内容の安いブログを書く
ヒッチハイクでコタツ調達
親切にも止まってくれたおじさんの
髪型ドレッドヘアーで劣等感

※ご依頼主の意向により、一部のみの公開となります

人とのきずなを歌ったゆるいヒップホップ

スニーカーの紐結んで
僕はきみの隣に立って yeah
ゆっくり体揺らせば
重なるよ grooving you & me

放課後に集まるグランド
とっくのとう過ぎた最終下校
照らす明かりはまるでナイター
僕らの時間 まだ続いてた

腕を伸ばせ 掴みたい未来
踵を鳴らせ 不安蹴散らしたい
ひとりじゃ恐ろしい夜だって
きみと踊れるこの時間があれば

どこで何をしていたって
胸に明かりが灯るのは
この感覚をいつでも呼び出せる鮮明に
だから今感じよう 全身に

スニーカーの紐結んで
僕はきみの隣に立って yeah
ゆっくり体揺らせば
重なるよ grooving you & me

期待と不安がcross over
きみと僕で4つ葉のCLOVER
きみがいてくれるから初めて
感じることのできる幸せ

夢みたいな時間が終われば
また元の場所へ帰らなくちゃ
言えない言葉 喉で溢れて
瞼が熱くなって声にならない

どこで何をしていたって
僕らが繋がっていられるのは
この感覚をいつでも呼び出せる鮮明に
だからいつも大丈夫

スニーカーの紐ほどけて
これ以上進めない気がしたそんな夜も
ゆっくりとした足取りで
きみは待っててくれた

スニーカーの紐結んで
僕はきみの隣に立って yeah
ゆっくり体揺らせば
重なるよ grooving you & me

岡崎体育風のふざけたテクノポップ

ワンツー さんはいっ!

みんなで楽しく 『飲めれば!』
関係ないのさ 『旅BAR!』
Thank you for 『肩ハバ!』
yo yo yo yo

×2

薄暗くて入りづらいから居酒屋行きがち
席についただけでチャージ料という謎の料金課せられる
お酒の名前が厨二病っぽくて注文するのが恥ずかしい
カクテル作るときわざわざシェイカー使う意味がよくわからない

だけど

みんなで楽しく 『飲めれば!』
関係ないのさ 『旅BAR!』
Thank you for 『肩ハバ!』
yo yo yo yo

×2

ララララ〜ララ〜
ララララ〜ララ〜
ララララ〜ララ〜

男編!

仕事帰りでもないのにバーにスーツで来る男はナルシスト
ボディタッチが激しい男の顔は脂でテカっている
経験人数自慢してくる男は大人のビデオの見過ぎ
デブ・ハゲ・脂ぎっしゅはバーで飲んだ後お金で愛を買いに行く

女編!

際どい恋バナを大声で話す女は メイクが濃い
「強いお酒ください」って言う女は高い確率で(自主規制)
香水臭い!汗臭い!女はできるだけ早く帰っていただきたい
「今のわたしの感情に合ったカクテルください」
どこのメンタリストやねん

テキーラしか頼まん奴は 『お酒に詳しくない!』
ジントニック頼む奴は 『それしか頼まない!』
カルーアミルク頼む奴は『バーテンダーを狙ってる!』
ウィスキーを頼む奴は『40代以上!』

ララララ〜ララ〜 (yo yo yo yo)
ララララ〜ララ〜 (yo yo yo yo)
ララララ〜ララ〜 (yo yo yo yo)

『経営者を紹介してあげるよ』って誘われるぞヤバいビジネス
夫婦で来るときは気をつけろ 隣に浮気相手が座るかも

だけど ついつい来たくなっちゃうのさ
旅BAR 旅BAR 名古屋の最先端観光地

みんなで楽しく 『飲めれば!』
関係ないのさ 『旅BAR!』
Thank you for 『肩ハバ!』
yo yo yo yo

×4

生や死を歌ったシリアスな曲

きみに別れ告げる時 よぎる黒い雲
空がずっと青いのなら
「イマ」を大事にしたかな

背負った許されぬ罪
埋まることない溝
時を忘れて笑ったあの日
そのどれもが僕らだった

果てしない世界で僕ら生きる
光と闇をまとって
強くなりたい きみを守るため
ぬくもりが胸で消えない

夢の中で笑うきみ 消えた幸せな時間
遠くで誰かが叫んだ声
「イマ」という痛みと ともに待つ夜明け

果てしない世界で僕ら生きる
光と闇をまとって
きみに会いたい たとえ僕の
命ときみが引き換えになっても

還りたい
還りたい
ただ僕はあの夏に還りたい
僕がパンドラの箱に手をかけると
「時」が何か言いたげに手を握った

果てしない世界で僕ら生きる
光と闇をまとって
きみに会いたい 僕がどれほど
望もうとも時は進む

果てしない世界で僕ら生きる
光と闇をまとって
強くなりたい きみを守るため
ぬくもりが胸で消えない

こども向けのキャラクターソング

おくすりちゃんと飲めるかな?
きみの味方 パパパ パンダ部長
サチの薬箱ではたらく
中間管理職の バンダ部長

見ためはかわいいパンダ(パンダ)
けど中身はつかれたおっさん(おっさん)
福利厚生充実(充実)
けど給料低いブラック企業

きみの街まで会いにゆくよ
けど出張費用は実費だよ
残業手当はつきません
役員報酬だからね

おくすりちゃんと飲めるかな?
きみの味方 パパパ パンダ部長
サチの薬箱ではたらく
中間管理職の バンダ部長

中国生まれのパンダ(パンダ)
シャンシャンには絶対負けない(負けない)
インスタで欲しい「いいね」(いいね)
調子に乗りすぎて子供に泣かれる(えーん)

きみの街まで行くために
タイヤの交換もさせられた
会社はいつも理不尽さ
上の指示は絶対だからね

おくすりちゃんと飲めるかな?
きみの味方 パパパ パンダ部長
定時で帰ると睨まれる
ちょっと肩身がせまいよ バンダ部長

おくすりちゃんと飲めたかな?
きみの味方 パパパ パンダ部長
サチの薬箱ではたらく
中間管理職の バンダ部長

 

いかがでしょうか。

あくまで、ここでご紹介したのはこれまでの制作例です。

ここには無いようなジャンルの楽曲であっても、ご依頼に応じて自由にジャンルの要望にご対応できます。

これまで制作した楽曲の制作エピソードはこちら!

ご依頼いただく条件

このような方と一緒にお仕事させていただきたいです

  • 「今後こんなことを実現させたい」というビジョンを持って、ご自身の活動に励まれている方
  • 制作した楽曲をご自身の活動にどう生かしていきたいのか、具体的なビジョンのある方
  • うおしーらんの活動や考えに共感していただける方

 

必須ではありませんが、商品やサービスのプロモーションや、メディアで使用するための楽曲など、ビジネス目的での企業さまからのご依頼は積極的にお受けさせていただきます。

 

このような方はご遠慮ください

  • ご自身で何も発信活動をされておらず、楽曲を世間へ発信する媒体やきっかけが何もない方
  • 楽曲の使い道を具体的に決めていない方
  • うおしーらんの活動や考えに興味がない、または嫌いな方
  • 「他と比べて安いから」という動機だけでご依頼いただく方

 

制作の流れ

①打合せ

初回の打合せのお約束をした段階では、まだ正式決定ではありません。
費用やスケジュール面、お互いの思いをすり合わせた上で、ご依頼主さまが実際にうおしーらんへご依頼いただくかご判断いただき、また私もお受けするかをご判断いたします。

その上で、具体的にどういった楽曲を制作するかの打合せをいたします。

②制作・レコーディング

仮音源を製作し、途中経過をご確認いただきながら、ご要望を楽曲へ反映させます。
最終確認ののち、レコーディング作業をいたします。

③お渡し

完成した音声データ(wav形式)をお渡しいたします。

 

料金

 

内容によって異なりますが、制作例はこちらです。

・フル尺(曲の長さが2分〜5分程度)

・うおしーらんの歌あり

・バッキングギター(ギターソロではなく、じゃかじゃか弾くタイプのギター)生演奏

・ドラム、ベース、シンセサイザーなどはPCの打ち込み

 

 

10万円+レコーディングスタジオでかかった費用の実費(3〜4万円程度)

となっております。

 

※ちなみに、私が5年以上ずっとお世話になっていて、プロや大手の案件もこなしていらっしゃるレコーディングスタジオのエンジニアさんに相場をお聞きしたところ、私の現状の実績・レベルを考慮し、この内容ならば「16万円+レコーディング実費」だそうです。

 

相場より少しお安くさせてもらっているのは、私自身もっと経験を積んで、たくさんの方と楽曲を通じてご縁を育みたいと考えているためです。

 

今後、実績を積み、私の技術も上がってきましたら、これより価格を上げる場合があります。

 

また、ドラムやベースも生演奏にしたい、かっこいいリードギターを生演奏で入れて欲しいという場合は、サポートミュージシャンへのギャラも上乗せされます。

 

その他、ご依頼の内容によっては、ここで提示させていただいた価格より安くなったり、高くなったりする場合がありますので、ご相談ください。

 

うおしーらんオンラインサロンメンバーは優先的に、少しお安くお受けさせていただいております)

 

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございます。
楽曲提供のご相談は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします!